このこのごはんが安全な理由とは!?

このこのごはん 安全
小型の愛犬の為のドッグフードの“このこのごはん”。

言葉を使っての意思疎通ができないこともあり、ドッグフードには安全なモノをと考えるのは、大切な家族の一員である愛犬の身体を守る意味でも大事な考えです。

貴方の“より安全なドッグフードを愛犬に!!”っていう素晴らしい考え方に沿っているドッグフードの1つ“このこのごはん”であるとマサキは考えています。

今回は、“このこのごはん”が安全とマサキが考える理由について触れていこうと思いますので、チェックしてみて下さい。


このこのごはんは人間と同じレベル!!






マサキは小型のワンちゃんのドッグフードには、“このこのごはん”をオススメします。

マサキが小型のワンちゃんのドッグフードに“このこのごはん”をオススメする理由の1つに安全なドッグフードであるということがあります。


つまり、“このこのごはん”は、安全に気を使って製造されているドッグフードだということ。


“このごはん”は国産のGMP認定工場が運営管理するペットフード工場で厳しい品質管理のもと、人間の口にする食品加工を手掛けている工場のノウハウや衛生基準を活かし、丁寧に製造されているのです。

人の食品と同じレベル品質管理をして作り出されているのが、小型犬にオススメのドッグフードの“このこのごはん”





ちなみに、GMPとは、“Good Manufuring Practice”の略で、日本語で表現すると“適正製造規範”という言葉で表すことができます。

GMP認定工場では、原料の受け入れから最終製品の集荷に至るまでの全行程において、、“適正な製造管理”と“品質管理”を求められます。

つまり、“このこのごはん”は、厳しい基準で製造するノウハウを持った工場が運営管理して、丁寧に生み出されたドッグフードです。

貴方が“このこのごはん”が安全であると感じ、貴方を安心させることのできる材料になると、マサキは確信しています。

それに、運営管理している工場は、GMP認証以外にも、有機JAS認証ISO22005認証HACCP認証も取得していますので、これらも、貴方の感じる安全性や安心感を増していくことと思っています。


有機JASって何!?






“このこのごはん”の製造する工場を管理運営している工場が取得している有機JASについてマサキなりに紹介したいと思います。

有機JASとは、農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格した農林物質の製品に付けられる認証になります。

農林水産大臣の定めた品質基準や表示基準に合格した農林物産の製品にのみ付けられるマークが有機JAS認定マーク。

有機JASマークがない農産物と農産物加工品食品に、“有機”や“オーガニック”といった表示であったり、紛らわしい表示をすることは、法的にNGとなっています。


“2年以上、禁止された化学的肥料及び農薬は使用しないこと”“遺伝子組換の種苗は使用しないこと”というような書類検査実地検査の両方を実施して合格しないと有機JASの認定は受けられません





マサキ的には、厳密な検査を農林水産大臣に認定された機関で行われているという点に安全性を感じ、安心感が増します。

もちろん、有機JAS認定を受けていないことが“即非安全”と断定も断言もしませんし、それが誤りであるという認識もありますが、有機JAS認定を受けているということである種の安全性や安心感を感じてしまいます。


ただ、有機JASに関連して、シッカリと認識しておかないとイケナイ点は、有機JAS認定は安心・安全を保証をする為の制度ではないのですし、有機JAS認定を受けていない農産物が危険というワケでもないということ。





また、有機農産物検査認証制度ハンドブックの中でも“有機JASは無農薬栽培する制度ではない”と明記されていて、“無農薬栽培されたモノではない”ということを理解しないといけません。

でも、家族やワンちゃんの食事に“こだわり”を持っていて、その“こだわり”を“有機JAS認定”がカバーしているのであれば、有機JAS認定された農産物などを購入されるのがイイかと思っています。

それに、マサキのように有機JASに一種の安全性や安心感を貴方がが感じるのであれば、有機JAS認定された農産物などが貴方に向いていると個人的には考えています。


ISO22005認証とは!?






“ISO22005認証”とは、“食品トレーサビリティ認証”のことになります。

生産・加工及び流通特定の1つ又は、複数の段階を通じて、飼料又は食品移動を把握できることと定義されています。

マサキの頭でも十分に理解できるように、カンタンな表現をすると、産地から食卓までの品質を保証してくれている認定になっています。


もちろん、“ISO22005認証”のトレーサビリティシステムだけで食品の安全性を完全に確保できるような万能なツールではありません。


しかし、“ISO22005認証”を取得していない工場で生産された食品には、“ISO22005認証”を取得していない工場で生産された食品の品質に比べて、安全な食品を消費者が購入することができます。

また、食品事故が発生した際に、“ISO22005認証”を取得していると、製品の回収が容易にされるという側面も持ち合わせています。


HACCPってなんだ!?






HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Pointという言葉の頭文字をとっていて、“危機分析重要拠点”という意味になります。

HACCPは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保する為に開発された食品の衛生管理の方式のことです。

原材料の受け入れから、最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入といった危害を予測し、危害の防止に繋がる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理をします。

HACCPというシステムでは、勘や経験ということに頼らずに、あらゆる角度から食品の安全性について危害などを予測していくので、より安全性を確保することができます。

食品の安全性を求めているのは、貴方のワンちゃんや貴方の家族、マサキなどの日本だけでは無く、全世界で求められていることになります。

その為、食の安全を守るHACCPは活躍の場を広げています。


まとめ






小型のワンちゃんにオススメな“このこのごはん”。

マサキが“このこのごはん”をオススメしている理由の1つに安全性に気を使っていることがあります。

“このこのごはん”は人間と同じレベルで製造されているドッグフードで、国産のGMP認定工場が管理運営するペットフード工場で厳しい品質管理のもと、丁寧に作られています。


人用の食品加工を手掛けているノウハウや衛生基準を活かして製造されているのが“このこのごはん”になるのです。

また、“このこのごはん”の製造を運営管理している工場は、有機JAS認証、ISO22005認証、HACCP認証も取得していて、“このこのごはん”の安全性に信頼を与えてくれることとマサキは感じています。


それでは、また。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました